冷凍野菜で栄養不足は解消できるか

冷凍野菜はなんとなく生野菜のように栄養が豊富ではないのではないかと思っている人が多いのではないでしょうか。冷凍してしまうことにより野菜のビタミン類やミネラルなど栄養成分と言われているものが失われると考えている人は少なくないと思います。そのため冷凍野菜を使っても野菜不足になることがあったり、栄養不足になるためあまり意味がないという人もいますが、実は最近になって冷凍野菜にはときに生野菜よりもずっと豊富な栄養成分が含有されている、ということもあるとういことがわかってきているのだそうです。例えば冷凍野菜ですと冷凍の過程でビタミンCが従来の10%程度喪失してしまうと言われていますが、これは生野菜を加熱調理すれば同じ程度のビタミンCが失われますし、生野菜でも鮮度が落ちてしまった収穫から時間が経過しているものを摂取するより、収穫してすぐに冷凍処理した野菜の方が実は含有されている栄養成分はずっと多いということがわかってきています。このように冷凍野菜も実は十分に野菜不足を解消するためには役立ちますし、特に生野菜を新鮮なうちにすべて消費しきれないような1人暮らしの人にとっては冷凍野菜を購入した方がずっと野菜不足が解消される効果は高いという場合もあるようです。チャットレディなどの仕事も意外と体が資本ですので、しっかり野菜は食べたいところです。チャットレディは体を使う以外にも見た目もキレで無ければ稼げませんので、既にチャットレディをしている人は食生活の見直しもしましょう。

野菜不足を効率的に解消するには

端的に言ってしまうと、野菜不足がなぜいけないのかというと、野菜にはさまざまな栄養が豊富であり不足することによって、得られる栄養成分も不足してしまうから、というのが理由です。しかしそれを知っても野菜がもとから苦手であるという人にとっては、不足していると感じて野菜を摂ろうとしても沢山を食べることができなかったりするものではないでしょうか。そんな野菜が苦手だという人や、食が細くて野菜でも沢山を食べることができない、という人にとっては少量でも目一杯野菜の栄養成分を摂取できる方法で、野菜不足を解消したいものかもしれません。実は野菜によっては調理法によって同じ野菜でも得られる栄養成分が変わってしまうことがあります。例えばビタミンCは美容に欠かせない栄養成分だという事で知られていますが、抗酸化作用もありますので健康には欠かせない栄養成分の1つです。ビタミンCは水溶性ビタミンであるため、水に溶けやすいという特徴があります。ビタミンCが豊富な野菜を水にさらしてしまうとそれだけビタミンCが流されてしまうことがあるので、例えば野菜を洗いたい場合でも水に晒し続けずにさっと洗う程度にとどめるというようなちょっとした工夫で得られる栄養成分の量が変化することがあります。野菜不足ならなおのことちょっとした調理の注意やビタミン類の特性を知っておくことが大切です。